在庫切れ

和牛・飛米牛(うで・とうがらし) 卸用オリジナルパック 2,6kg €99/kg

257,40

在庫切れ

カテゴリー:

説明

関東ではトウガラシ、関西ではトンビなどと呼ばれることが多いです。腕の一部に当たる肩から腕にかかる部位で、1頭の牛からわずか2キロほどしかとれません。

ヒレが約3キロですので、ヒレのブロック肉よりやや小ぶりになります。量も限られており、市場にはなかなか流通しない希少性の高い部分で、口に入ることは稀かもしれません。

さっぱりした味わいで、噛めば噛むほど濃厚な味が楽しめます。肩の一部なので肩ロースなど脂ののった肉をイメージされるかもしれませんが、見た目はヒレ肉、肉質はモモ肉に近く、よく動かす腕にも近いのでやや硬めです。

内側には細かなサシが入っていますが、味はとてもさっぱりしています。ただ、噛みしめると肉の旨みが良く感じられ、肉の旨みが染み出てきて濃厚な味わいが楽しめるのが特徴です。赤身の特徴である、和牛本来の旨みを確認できる部位といえるかもしれません。

赤身を楽しむなら、たたき料理などがおすすめ。トウガラシは火を通すと硬くなってしまうため、焼肉用として提供されることもありますが、じっくりと焼くステーキにはやや不向きかもしれません。

一番のおすすめは、サッと表面を炙るタタキやローストビーフ、牛刺しなどです。トウガラシとしての部位にはお目にかかったことがない方も、もしかすると、タタキやローストビーフとして食べているかもしれません。



オススメ商品

スタッフが全力でオススメする商品です